トップ

大きめの用紙にはみ出して塗る

販促パンフレットなどを作成して印刷する場合には、イラストレーターというソフトを使用して行うのが一般的です。その際には、通常の書類をプリンターでプリントアウトする場合とは異なる点が多いため注意が必要です。
パンフレット印刷物のデータ入稿ならこちら。

まず、パンフレットの仕上がりサイズよりも、少し大きめの用紙を使用します。そして、隅の部分に塗り足しを行い、わざと仕上がりサイズよりもはみ出させてから仕上がりサイズに裁断するという手順で作成するというやり方です。なぜこのようなやり方をするのかというと、印刷が少しずれてしまい紙地が見えてしまうことを防ぐためです。最初からパンフレットの仕上がりサイズで印刷すると、少しずれただけでそのようなことが起きてしまいます。塗り足しを設定することで、紙地が見えてしまうことなくスムーズに印刷できるのです。

そして、トンボも設定します。トンボとは中心やコーナーの部分に付いているマークのことです。仕上がりサイズよりも大きめに印刷されていても、トンボがあることで天地左右が分かり、仕上がりサイズも把握できるようになっています。印刷をした後には、このトンボを目印にして裁断したり折り曲げたりといった作業を行います。

イラストレーターでデータを入稿する際には、この塗り足しとトンボの設定を必ず行うようにしましょう。プリンターを使用する場合とは異なり、1色ずつ分解された状態で出力されます。そのため、トンボもそれぞれ全てのカラーに付けなければなりません。

また、トンボの太さも大切です。太すぎるとずれやすくなり、細すぎるとインクが乗らないこともあります。基本的にデフォルトの設定のままいじらない方が無難ですが、カラー変更などをするとトンボの太さも変更されてしまうことがあるため、入稿前に確認しておきましょう。